越後一 三種の麹あわせ味噌 450g
越後一 三種の麹あわせ味噌 450g
越後一 三種の麹あわせ味噌 450g

越後一越後一 三種の麹あわせ味噌 450g

クール

軽減税率対象商品

配送:クール便

発送目安:3~4日後


在庫あり

¥ 730 (税込 ¥ 788 )

数量

商品紹介

味噌造りへの愛情が生み出す旨味たっぷりの逸品


新潟県産の米、大麦、大豆を原料に三種類の生麹を作り、仕込み時に混ぜ合わせて発酵・熟成させました。米麹の甘み、大麦麹の爽やかな旨み、大豆麹のまろやかなコク、三種の麹の分解力で調和のとれた美味しさが醸し出されています。
しっとりと溶けやすいので、お味噌汁をはじめ、煮物や炒め物などいろいろなお料理にお使いいただけます。また、たっぷり入った麹はやわらかく、そのままお召し上がりいただけますので温かいご飯や野菜にもよく合います。
名称 越後一 三種の麹あわせ味噌 450g
内容量 450g
生産地・地域 新潟県長岡市
メーカー 越後一
JANコード 4970684181110
原材料 大豆(国産)、米(国産)、大麦(国産)、食塩(沖縄県製造)
添加物
アレルギー物質 小麦 蕎麦
落花生 えび かに
備考

STORY


こだわりの一品ができるまで

「現代の名工」池野正春氏が造る おいしい味噌

「現代の名工」池野正春氏が造る おいしい味噌

技術部長の池野正春氏は平成19年度に54歳にして「現代の名工」に選ばれました。氏の優れた技術は、淡色味噌と赤色味噌の中間の色調を持つ中間色味噌を開発したことで業界では特に知られています。

米味噌の場合、大豆はタップリと水を吸わせたあと蒸すか煮るかして麹と混ぜ合わせますが、池野氏はまず煮ることで大豆の旨味を残したまま 大豆表層の着色成分だけを溶出させ、そのあと蒸して所定の柔らかさにする独自の「半煮半蒸」による大豆処理法を開発したことがその大きなきっかけとなったようです。 この方法により今までのものに比べて、より色がきれいで旨味の残る味噌を造ることができるようになったのだそうです。

池野氏は、お味噌の旨味を造り出す最も大切なものは麹だと言います。麹は、お酒を造る麹と同様に蒸した米に麹菌を振り掛けて作りますが、 その働きは酒造りのものと異なり、大豆のタンパク質を旨味に変える力が強い麹なのだそうです。このような働きをする良質な麹を作るため、 米の選別や精米、浸漬、蒸米、製麹と神経を使う作業を続けなければなりません。そして出来上がった麹を大豆と混ぜ合わせる時の塩加減も、 その後の温度管理や熟成方法などを考え併せてしっかりと頭の中で計算されているのです。このような良質な製品を造り出すまでに、 手間暇を惜しまず粘り強く研究を重ねて来たのです。

株式会社 越後一
会社名 株式会社 越後一
住所 新潟県長岡市滝谷町1340番地
取り扱い商品 丸しぼり味噌